ちょっとアガるな。そんな気持ちのカケラ探しへ。


by cotote-web

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
++ 衣 ++
++ 食 ++
+食+レシピ
+食+スープ道場
++ 住 ++
お知らせ
STAFF
バイヤー通信
未分類

以前の記事

2016年 05月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月

記事ランキング

<   2015年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ガスパチョ -vol.25-

こんにちは。ユミニです。
連投疲れ(?!)か、すっかりペースダウンしていましたねー
お恥ずかし。。

気を取り直して、スープ道場つづけます。

今回は『ガスパチョ』。
・パン教室のランチに。
・ぱんにあう、冷たいスープ。
・季節感

こんなキーワードで、「何を作ろうかな~」と、悩みながら、
一度作ってみたかったスープ、ガスパチョを作ってみることに。

++

作るにあたって、Wikipediaさまで調べてみると…

発祥の地はスペインのアンダルシア地方。由来は「カスパ」(caspa、「かけら、断片」)、ヘブライ語の「ガザズ」(gazaz、「ばらばらにちぎる」)。最初は、パン、ニンニク、塩、オリーブオイル、酢、水から作られ、その後、トマト、キュウリ、ピーマンなどが入るように。トマトメインの「赤い」ガスパチョが最も有名で、トマトが入らない「白い」ガスパチョもある。

本来は木のすり鉢とすりこぎで素材をすりつぶしていたが、今ではミキサーやフードプロセッサーを使うことが多い。しかし通の間では電気機器を使ってガスパチョを作るのは邪道であるという意見がある。野菜やパンはピュレー状にせず、角切りにするだけの場合もある。


とありました。

++

それぞれ、家庭の味があるみたいです。
いろいろ調べながら、その時の素材と相談して、
アレンジ&テキトー&ユミニ好みの味
これを目指してみましょう~♪

a0330610_9463024.jpg


できあがりはこちら。
鮮やかな色となめらかさ伝わりますか?
普段、「うらごし」という手間をかけない私ですが、
今回はがんばりました。疲れた…(笑)

では、作り方です。完成量は、4~5人前です。
(今回、参考にしたのは、クックパットさま。いいとこどりしてます。)

材料の下ごしらえ。
メインのトマト500gは湯むき。
他に、キュウリ1/2本、パプリカ1個、
玉ねぎ1/2個、ニンニク1かけは
、それぞれ粗みじん。
(ミキサーにかけやすい大きさです)
*飾り用に、キュウリとパプリカを少しだけとっておきましょう。
パンは、フランスパンの中身だけくりぬいて、50ccほどの水につけておきます。
*今回は、ユミニバケット1/2使いました。市販のバケットだと、1/4でOKです。

材料の準備ができたら、次はミキサーへ。
用意した材料全部とオリーブオイル100cc、白ワインビネガー大さじ1、
塩小さじ1/2弱
を入れて、スイッチON!
全てが混ざって、ドロッとなればOK。

この時点で、味の調整を忘れずに。

さぁ、ここからがひと手間。
がんばって、裏ごししてください。
今回は、粉ふるいのザルとヘラを使ってありましたが、
ネル布やネットを使っている人もいるようです。
「こさずに食べちゃえ」でもよいかも。

しっかり冷やしたスープをうつわにもって、
キュウリ&パプリカをトッピングして、できあがりです。

++

暑い季節。火を使わずにできるのはうれしいですね。
トマトやビネガーの酸味で、食欲がない時にも良い感じです。

教室の生徒さん達にも好評。
是非、いろいろアレンジしながら試してみてくださいね。

裏ごし疲れのユミニでした。
by cotote-web | 2015-08-25 10:23 | +食+スープ道場

にんじんポタージュ -vol.24-

こんにちは。ユミニです。
とうとう、今日が最後(もち、連続投稿の…です)。
がんばりましたー♪

最後はこちら。
にんじんポタージュ。

a0330610_2122595.jpg


にんじん1本を荒く千切り。
玉ねぎ1/2個を千切り。
この2つを、オイル大さじ1+にんにく1個で炒めます。

玉ねぎが透明になってきたら、
スープストック300ccを加えて柔らかくなるまで煮ます(10分くらい)。
★スープストックは、水+コンソメキューブでOK

これをミキサーにかけますが、
その前に、豆乳200ccの半分を加えて、熱を冷ましておきましょう。
ミキサーのあとは、残りの豆乳を加えて、味の調整をします。
(今回は、塩小さじ1/2くらい)

器に盛って、パセリを少しのせたらできあがり。

++

いかがでしょう。
ポタージュの作り方のパターンができてきましたね。
工程は、材料を煮て、ミキサーにかけ、最後に豆乳や牛乳を加える。
…だけ。シンプルです。
材料をかえて、野菜ジュース感覚でつくれそうです。

今回のにんじんポタージュは、豆乳でわったので、
あっさりした仕上がりです。
シンプルなパンと食べるのがオススメです。
今日はユミニラスク(塩味)を添えてみました。

a0330610_2381293.jpg


塩味ラスク、重宝しています。
クルトンみたいな感じです。
いけますよ。

++

今日はここまで。
このペースを大事にいろんなスープにチャレンジしていきますね。
そして、「発見!」していきたいと思います。

ではまた。
ユミニでした。

++

追記…
急ぎ足のブログでした。
実は只今、夜中の3時前。
頭がまわらなくなってきました。
眠たいので寝ます~(笑)
by cotote-web | 2015-08-17 09:00 | +食+スープ道場

なすとトマトのスープ -vol.23-

こんにちは。ユミニです。
今日は、冷蔵庫の残り野菜を使って。

なす、トマト、プチトマト、たまねぎ。
定番の野菜達ですね。
きっと、今の季節なら、
皆さんの冷蔵庫にもある野菜です。

今回は、この野菜を具材に、
トマトソースのような味に仕上げてみようと思います。

a0330610_112086.jpg


こんな感じ。
まずは、材料の下準備。
なす(2本)は乱切りにして、水につけてあく抜き。
トマトも同じくらいの大きさに切ります。
(中玉半分とプチトマト5個…残り野菜なのでバラバラでした)
玉ねぎ(1/2個)は粗みじん切り。
にんにく(1個)もみじん切り。

あとは、いつもの手順で。
適量の油で、にんにくを炒め、香りが出てきたらたまねぎを入れて炒めます。
色が変わってきたら、なす、トマトを加えて、更に炒め、
しんなりしてきたら、スープストック(300cc)を入れます。

今回は、先日作った大豆のコンソメを使いましたが、
なければ、市販のキューブを使ってくださいね。

いつもは、塩コショウの味付けで終わりますが
今回は、″トマトソースのような味”ですので、
トマトケチャップ(大さじ2)を入れてみました。
ちょっと、単純?邪道?…と思いつつ、
手軽にできる方法でいきましょ(笑)

味が決まったら、弱火にして、10分煮てできあがり。
最後にお味のチェックも忘れずに。
煮詰めることで、しっかりトマトソースの味になりますよ。

++

なすとトマトの相性は抜群ですね。
スープの仕上げを、今回はトマトスープでしたが、
シンプルにケチャップなしで仕上げてもよいし、
カレー味もよいですね。
中華風に酸辣湯仕上げも夏らしいかも。

いろいろ、挑戦してみてください。

今日はここまで。
連続投稿も残すところあと1日。
うれしいような…悲しいような…

ではまた明日~♪
ユミニでした。
by cotote-web | 2015-08-16 09:00 | +食+スープ道場

かぼちゃの冷たいスープ -vol.22-

こんにちは。ユミニです。
少し、暑さがましになりました。
お盆を境に、季節も変化しているようです。
(…と、思うのは、まだ早い?!)

さて、皆さまは、どんなお休みをお過ごしですか?
フェイスグックやインスタグラムを見ていると、
帰省されている方、
そのタイミングで親戚が集まったり、同窓会を楽しんでいる方、
イベントやお仕事を頑張っている方etc…
なんとなく、いつもと違う日常が流れているようです。

ユミニ宅でも、今日はコトテスタッフ重鎮2人を迎え、
打ち合わせという名の楽しいひと時を過ごしました。
「癒されるわ~」の声に、私も癒され、
2人が帰った後も、ここちよい空気が流れていました。
こんな時間を大事にしたいです。

さて、今日のスープは、かぼちゃの冷たいスープ。
ランチにみんなで頂きました。

a0330610_0562096.jpg


かぼちゃのスープはこれまでに2回UP。
vol.4(かぼちゃのみそポタージュ)とvol.13(かぼちゃのスープ)です。
VOL.13では、豆乳でつくりましたが、
今回は牛乳を使って、冷製スープに仕上げています。

++

作り方は、皆さん、ご存じの取り。
特別なことはしていません(笑)

かぼちゃ1/4個を種と皮をとってカット
(煮やすいように)
玉ねぎ(小ぶり)1/2個もスライス

まずは、玉ねぎをバター大さじ1で炒めます。
焦げないようにじっくりと炒めて、玉ねぎの色が透明になってきたら、
かぼちゃを加えて炒めます。

次にお湯を300㏄加えて、かぼちゃがくずれるくらいまで煮ます。
(大体、15分くらいですが、水分を飛ばしたいので、火加減を調整してください。)
その中に、牛乳500ccの半分をを加えて、ミキサーにかけます。
なめらかになったら、残りの牛乳を加えて、塩で味を整えたらできあがり。
あとは、冷蔵庫で冷やしましょう。

注)分量は6人前です。(いつもは2人前です!)

++

今回のみなさまへのアドバイスは
「レシピに頼らないで」です。
ここまで書いて、それはないでしょ~!! ですね。

でも、ほんとなんです。
実は今回、レシピ通りにした結果、しゃばしゃばで薄味のかぼちゃスープになり、
かぼちゃを追加したり、煮込んだりして、味を整えました。

「15分煮て」と書いていても、あくまでも目安。
″どんな状態に煮るのか″が大事です。
最後のお味も、何が足りないのか、自分の味覚を信じて整えてみてください。
失敗もありますが、それもお愛嬌です。

++

最後に、スープと一緒にバケットサンド。
a0330610_1312552.jpg


バケットサンドの販売はできませんが、
ぱん教室のランチにと考えています。
お楽しみに!

それではまた明日~
何を作ろうか、これから冷蔵庫と相談です。
by cotote-web | 2015-08-15 09:00 | +食+スープ道場

オクラとネギのスープ -vol.21-

こんにちは。ユミニです。
続いてますね~
エライエライ(笑)

内容はともかく、続けることが大事です。

さて、今日は、オクラとネギのスープ。
材料はいたってシンプルですが、
久しぶりに大豆のコンソメ出汁をとったので、
あえて、シンプル…です。

a0330610_2245261.jpg


出来上がりは、こんな感じ。
オクラよりネギが目立ってしまった。

まずお出汁は、以前、ご紹介したカノウユミコさんレシピ

あとは簡単で、オクラとネギを刻んで、
温まったコンソメ出汁の中に入れて、
しばらく煮るだけ。(3~5分)

味は、塩コショウで調整してくださいね。
これはお好みです。
このコンソメ出汁は、大豆の香ばしさが立っているので
味付けはシンプルにがオススメ。

濃い味が好みの方もいらっしゃいますが、
「味覚は慣れます」ので、
是非、素材の味がわかる、うす味好みさんになって欲しいです。

話はもどって、これで完成です。
アップの写真。。

a0330610_2361829.jpg


う~ん。。
チャーハンと一緒に出てくるスープみたい(苦笑)

もし、お家にとろろ昆布などがありましたら、
最後にトッピングはいかかでしょう。
見た目にも、お味も、きっとよくなるはず。
お試しくださいね。

では、今日はこれで。
また明日♪

ユミニでした。
by cotote-web | 2015-08-14 09:00 | +食+スープ道場

冬瓜と豚バラのスープ -VOL.20-

こんにちは。ユミニです。
20レシピ目に到着~♪

記念すべき20レシピ目はこちら

a0330610_351931.jpg


「冬瓜と豚バラのスープ」
ユミニに料理としては珍しく、お肉を使っています。
豚バラは、祖母がよく使っていて(沖縄料理です)、
頻繁には使わないけど、たまーに、思い出して、使いたくなります。

冬瓜は、夏の定番。
この暑さ、体の中から冷やす意味でも、
この冬瓜が活躍します。

さて、作り方。
まず、豚バラを下準備。お鍋に豚バラとひたひたのお水。
お鍋の中に、しょうがのスライスと白ねぎの葉の部分を入れて、
火にかけます。
豚バラに、竹ぐしがすーっと通るくらいになればOK。
一旦、お鍋から豚バラを出して、1㌢くらいの厚さに切っておきます。

茹で汁は、そのままスープに使うので、
しょうがとネギを取り出しておきましょう。

そうそう、豚バラを煮ている間に、
冬瓜のカットを忘れずに!大きめにカットしておきます。

ここまで準備したら、あとは簡単。
茹で汁に、カットした豚バラと冬瓜を入れて煮るだけ(10分くらい)。
お味は、酒・塩・しょう油を使ってお好みに。
今回は、酒大さじ2、塩小さじ1/2、しょうゆ小さじ2
くらいを使いました。

最後に器に入れたら、白ねぎをのせて
出来上がり~♪

a0330610_3502850.jpg


++

豚バラの下準備が、ちょっと手間ですが、
圧力鍋を使って、もっとトロッとやわらかくしてもよいかも。
あと、手間のついでに、下茹でしてカットしたあとに、
フライパンで焼き色をつけるとか…

色々試してみてください。

スープは、お肉が入ったので、
しっかりおかずになりました♪

では、また明日~

ユミニでした。
by cotote-web | 2015-08-13 09:00 | +食+スープ道場

とうもろこしのスープ -vol.19-

こんにちは。ユミニです。

今日はとうもろこしを使って。
夏の定番野菜ですね。
疲れが出やすい、残暑の時期に食べるのがよいようです。
今からレンピの準備をしておきましょう♪

a0330610_3292961.jpg


丸田みわ子さんのレシピから。
「コンソメを使わない基本のコーンポタージュスープ」
というコメントにひかれて、早速つくることに。

準備は、まずとうもろこし1本の実を包丁で切り落とします。
茹でたり、レンジでチンすることなく、生のまま。
あとは、ニンニクひとかけ、生姜ひとかけ(10g)、たまねぎ1/4個
をそれぞれみじん切り。
これで準備はOK。

オリーブオイル小さじ1に、切った全量を全部入れて炒めます。
(塩小さじ1/2を忘れずに!)
弱火で5分くらい。玉ねぎの色がかわってくるので、
そうしたら水150㏄を加えて、10分ほど中火で煮ます。
あとは、あら熱がとれたらミキサーにかけ、
鍋に戻して、牛乳150㏄を加えてできあがり♪

温かいスープで食べるときは、沸騰直前まで温めて。
冷たいスープで食べるときは、冷蔵庫へ。
食べる直前に、パセリのみじん切りをトッピング。

++

ツブツブ感がのこったスープです。
写真をみてもわかりますねー
わが家では、冷製スープで食べたので、「スムージーか?」
という感じでしたよ。

結構どろっとしているので、さらっとスープが好きな人は、
水分量を調整してみてください。

コンソメなしで、おいしく仕上がって感動です♪

++

最後に全体のpic

a0330610_3562132.jpg


いっしょにそえたぱんは、オレンジカンパーニュ。
自家製のオレンジマーマレードをたっぷり使っています。

ぱんと食べるときは、
温かいスープがオススメです。

では、また明日~
ユミニでした。
by cotote-web | 2015-08-12 09:00 | +食+スープ道場

冬瓜のカレースープ -vol.18-

こんにちは。ユミニです。
スープ道場3日目。
おいしく仕上がりましたが、
この写真!!おいしくなさそう…です。

どんな写真かというと。
こちら。

a0330610_1524325.jpg


でしょ?
色が悪いのか…
盛り方が悪いのか…

今回は、「味で勝負!」ということで、
お許しくださいませ(苦笑)

++

では、気を取り直して、作り方。
冬瓜(1/4)は皮をむいて、大きめにカット。
ズッキーニ(1/2)は、輪切り。
太めのソーセージは、好きな大きさに。
材料はこの3つ。
(色味が足りないと思った方は、
どうぞ、追加の野菜を選んでみてくださいね。)

カットした冬瓜に、ひたひたのお水を入れて火にかけます。
沸騰してきたらスープの素、カレー粉(大さじ1)を入れ、
冬瓜がやわらかくなるまで煮ます。

冬瓜を煮ている間に、ズッキーニをソテーしておきましょう。

冬瓜のお鍋に、ソーセージを入れ、
ソーセージに火が通ったらズッキーニを入れ、
お味の調整をして出来上がり~

++

ソーセージから塩分が出るので、
結構しっかりお味がつきました。
濃くなりすぎないように、時々、お味見しながら作ってくださいね。

このスープ、夕飯として食べました、
中々、ボリュウミーで満足。
暑い夏に、カレーを食べて、更に暑い。。
けど、カレーでかく汗は、内にこもらず発散型。
気持ちよいですよ。

皆さまも
是非、作ってみてくださいね。

では、また明日~
by cotote-web | 2015-08-11 09:00 | +食+スープ道場

にんじんスープ -vol.17-

こんにちは。ユミニです。
約束通り、今日もまたスープです。
手抜きスープですが、お付き合いくださいませ。

a0330610_148130.jpg


今日のスープはこちら。
にんじんスープ。

「さぁ~作ろう」の段階になって、
肝心のにんじんが痛みはじめている…
いつもは、皮ごと使うにんじんもさすがにちょっとなー
と思い、ピーラーで皮をむくことに。
すると、なんか調子よくなってしまい、
皮だけでなく、全部ピーラーでカット(笑)
今回は、このピーラーでカットしたにんじんを使いますね。
(長い前置き。。)

にんじんの他に材料は、玉ねぎ1/2個をみじん切り、冷凍枝豆を適量。
枝豆は、グリーンの色味が欲しかっただけなので、
他の野菜で代用OKです。
★冷凍枝豆、これは実だけの豆なので便利です。

作り方は、昨日とほぼ一緒。
玉ねぎを炒めて、水400ccを注ぎ、
沸騰したら野菜スープの素を1袋。
ピーラーにんじんと枝豆を入れて、
塩コショウで、できあがり♪

++

ピーラーにんじん、簡単でおいしかった。
千切りが面倒な時は、これは便利!
縦に盛って、スープパスタっぽくしたり、
クリーム系のスープにしてもよいかも。
また、ためしてみようと思います。

では、また明日。
ユミニでした。
by cotote-web | 2015-08-10 09:00 | +食+スープ道場

オクラとトマトのスープ -vol.16-

こんにちは。お久しぶりのユミニです。

「夏って、こんなに暑かったっけ?」と、思う毎日。
今日から夏休みのユミニは、
大汗かきながら、断捨離しています。

この休みに課題は、「毎日スープを作ること」。
100レシピ!!と、うたってから、もうすぐ半年。
このペースでは、達成まで何年かかることやら…
ちょっと巻き返しをしようと思います(笑)

さて、巻き返し第一弾は、こちら。

a0330610_134875.jpg


「オクラとトマトのスープ」
夏の定番スープ?

作り方は、今回もとっても簡単。
材料は、オクラ6本、トマト1/2個、玉ねぎ1/4個。
それぞれ下準備は、オクラは小口切り、トマトはクシ切りにした後半分に、
玉ねぎはみじん切りにします。

まず、お鍋に油を小さじ2ほど。
そこに玉ねぎのみじん切りを入れて、しばらく炒めます。
色づいてきたところで、水を400cc強と野菜スープの素を入れます。

沸騰してきたら、オクラとトマトを入れて、
1~2分煮て、塩コショウでお味の調整をしたら、
出来上がり♪

今回は、「スープの素」に助けてもらったので、
と~~~っても簡単。

使った、野菜スープの素はこちら。

a0330610_1432999.jpg

オオサワジャパンのお出汁です。
砂糖、動物性原料、添加物一切不使用の素。
余計な味がしない、スープの素でした。
説明書きより薄目に使いましたが、
十分、おいしかった。

FBで、「温かくても、冷たくてもよいですね~」
と、コメントを頂きましたが、ほんとにその通り。
今日は、温めて食べましたが、きっと冷やしてもおいしいはず。
皆さまは、是非、冷製スープでも試してくださいね。

では、また明日~♪

+++++++++++++++++++++++

Cotton tail ショップへ戻る
by cotote-web | 2015-08-09 09:00 | +食+スープ道場